MCMに関する研究発表・論文・特許等

海洋ミネラルMCMの研究発表と国際発表

1993年3月 農林省筑波研究所 (環境制御研究所、食品総合研究所) ・ (財) 日本極地研究振興会 ・ (財) 基礎腫瘤学研究会腫瘤研究所の協力で、海水からミネラルの微量元素成分の解明に着手
1994年5月 海水より不純物と毒物および塩分を除外したミネラル成分だけの抽出に成功
1994年10月 「日本医事新報」第3675号に「実験糖尿病マウスに対する海水ミネラルの効果」を発表
1995年1月 アメリカ、UCLAドリュー大学と海水ミネラルの共同研究を開始
1995年4月 高血圧、高脂肪症、糖尿病の成人病に対する海水ミネラルの臨床試験
1996年10月 「海水ミネラル成分 MCM (エムシーエム) の製造および治療または予防」に関する特許願いを特許庁に提出
1996年10月 フランス・ニースで開催された「将来の腫瘍学及び腫瘍治療学国際シンポジウム」で、カリフォルニア大学 (UCLA) と海洋化学研究会の代表小椋武との合同研究の結果を発表。大学付属病院でがん患者に5ヶ月間投与したところ、癌細胞の生成を阻害し癌細胞を攻撃するリンパ球とナチュラルキラー(NK) 細胞の活性が2倍近く上昇し、併せて肝臓におけるガンマーインターフェロンの生産が投与前に比べて5倍になった症例を報告。
1996年11月 アメリカの医学雑誌[NUTRITION RESEARCH]に論文掲載、発表。
Nutrition Research vol. 19 (1999) pp.1287-1298 Immunomodulation of Human NK Cell activity by Marina Crystal Minerals (MCM), A Crystallized Mixture of Minerals and Trace Elements From Sea Water. Mamdooh Ghoneum & Takeshi Ogura
(日本語訳)
「結晶化海洋ミネラル、多種類常量・微量必須元素結晶体によるヒトナチュラルキラー細胞での免疫活性賦活化の検討」 マムドー・ゴーナム博士 (カリフォルニア州、ドリュー医科大学)& 小椋武博士 (基礎腫瘍学研究会腫瘤研究所・海洋化学研究会)

MCM実験研究の発表論文

A. 英文の学術論文(略表)

1. Immunomodulation of Human NK Cell Activity by MCM, A Crystallized Mixture of Minerals and Trace Elements From Sea Water (ヒトナチュラルキラー細胞の生体内免疫活性化に対するMCM、微量元素結晶体の効果) Mamdooh Ghoneum 博士 (ロスアンジェルス市、ドリュー医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍科)&小椋武博士(1999年)  
2. Marina Crystal Minerals (MCM) Induce Apoptosis of Human Metastatic Breast Cancer MDA-MB-231 Cells in vitro. (MCMが乳がん治療。がん細胞のアポトーシス (細胞の自殺) を誘発する作用) Mamdooh Ghoneum 博士 (ロスアンジェルス市、ドリュー医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍科) & 小椋武博士 & Sastry Gollapudi, (カリフォルニア大学アーバイン校)(2009年)
論文掲載の[Anticancer Drugs](2009年)

論文掲載の[Anticancer Drugs](2009年)

3. Susceptibility of the human LNCaP prostate cancer cells to the apoptotic effect of marina crystal minerals (MCM)in vitro. Mamdooh Ghoneum 博士 (ロスアンジェルス市、ドリュー医科大学耳鼻咽喉科・頭頸部腫瘍科)& 小椋武博士& Sastry Gollapudi, (カリフォルニア大学アーバイン校)(2009年)
論文掲載の[Oncology Reports](2009年)

論文掲載の[Oncology Reports](2009年)

4. New Concepts for the Treatment of Cancer. Marina Crystal Minerals (MCM) induces apoptosis in cancer cells and sensitizes human cancer cells to chemotherapy-induced apoptosis. (がん治療の新概念。 がん細胞のアポトーシスを誘発し、ヒトがん細胞を自然死させる抗がん剤の効果を高める MCM の作用) ゴーナム博士&小椋武博士 (2008年)

B 国内誌の発表論文 (略表)

1. 「実験糖尿病マウスに対する海洋ミネラルの効果」 小椋武 (基礎腫瘍学研究会腫瘤研究所) & 水野斎司 (東京品川区、愛光病院長) & 藤井聡(杏林大学生化学)(2001年)
2. 「ストレスと免疫 (MCMによる抗ストレス効果)」 小椋武 (海洋化学研究会)& 藤井聡 (山形大学医学部神経機能統御学)
3. 「MCM による生体機能活性化効果」 小椋武 & 藤井聡
4. 「病は気から」の科学 小椋武 & 藤井聡
5. 「がん治療における新しい概念」 小椋武

など、 発表論文は 40 本に及ぶ。

特許に関して

海洋ミネラル MCM (Marina Crystal Mineral) の特許関連リスト

A. 取得済み特許
1. MCMの特許第3247620号(平成13年)
「海洋ミネラル成分からなる治療及びまたは予防剤」
(肝炎、高血圧、腫瘍、アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎)
2. 藻塩の特許第3469110号(平成15年)
「微量元素を含む食用塩組成物及びその製造方法」
B. 特許申請中
(1)海洋ミネラル成分からなる骨粗しょう症治療及び予防剤
(2)海洋ミネラル成分からなるNK細胞活性化剤
(3)海洋ミネラル成分からなるインターフェロンγ(ガンマー)産生増強剤
(4)海洋ミネラル成分からなる動脈硬化及び/または予防剤
(5)カルシウム強化海洋稲ラル複合体を有効成分とする抗ストレス剤
   及び糖質コルチコイドの分泌抑制剤
(6)MCM原液による農業・畜産・水産における光合成、育成、鮮度保持剤
C. 特許申請予定
(1)花粉症の予防及び治療剤
(2)食品アレルギーの予防治療剤
D. 海外の特許申請中
(1)骨粗しょう症に関わる特許(アメリカとカナダで審査中)

各写真にカーソルを合わせてクリックしてください。各々の項目へリンクしています。

MCM 商品ラインナップ 写真をクリックしてご購入ページへ

マリーナクリスタルミネラル 粉末50g
マリーナクリスタルミネラル 粉末50g

マリーナクリスタルミネラル粉末50g

 

『マリーナ・クリスタル・ミネラル』(MCM)は、清浄な海水を汲み上げ、有害な成分を除去し、必要なミネラル分を抽出・濃縮・結晶化させたものです。カルシウム・マグネシウム・カリウムなど重要なミネラル分が、バランス良く含まれています。MCMはイオン化されている海洋ミネラル成分なので、カラダに吸収されやすく、わずかな量の摂取で不足がちなミネラルを補うことができます。

 

内容量:50g
価 格:7,980円(税込み)

 

この商品をお買い求めいただく場合は

商品写真もしくは商品名クリックしてください。

商品ページにジャンプ致します。

マリーナクリスタルミネラル カプセル120粒
マリーナクリスタルミネラル カプセル120粒

マリーナクリスタルミネラル カプセル120粒

 

『マリーナ・クリスタル・ミネラル』(MCM)は、清浄な海水を汲み上げ、有害な成分を除去し、必要なミネラル分を抽出・濃縮・結晶化させたものです。カルシウム・マグネシウム・カリウムなど重要なミネラル分が、バランス良く含まれています。MCMはイオン化されている海洋ミネラル成分なので、カラダに吸収されやすく、わずかな量の摂取で不足がちなミネラルを補うことができます。

 

内容量:60g(120粒)
価 格:8,980円(税込み)

 

この商品をお買い求めいただく場合は

商品写真もしくは商品名クリックしてください。

商品ページにジャンプ致します。

商品カタログ 商品購入ページにジャンプします。

おいしいだし
¥1,944より 2
カリカ浴
¥3,240より 2
ちょうさわやか
¥5,900より 2
MCM粉末50g
¥9,720 2