渋沢栄一翁の訓言 令和元年07月28日(日曜日)

たとえその事業が微々たるものであろうと自分の利益は小額であるとしても国家必要の事業を合理的に経営すれば心は常に楽しんで事に任じられる。(渋沢栄一伝記資料)