安岡正篤一日一言 令和元年07月13日(土曜日)

【温室の草花】

 富貴の子弟が趣味や知識に
 富んでいるようにちょっと見えるけれども、
 あれは真の教養ではない。
 温室中の草花のようなもので、
 強く人格的生命に根ざしておらないから、
 実際的には極めて浮薄な軽い程度の
 意味と価値とを持つだけのものである。