安岡正篤一日一言 令和元年06月19日(水曜日)

【心に触れる】

 人は省みることによって、自らに反ることによって、
 はじめて心というものに触れることが出来る。
 他の動物も感覚や或(あ)る程度の意識は持っておるけれども、
 人間の様な複雑微妙な意識・精神、
 総称して心というものは持っていない。