安岡正篤一日一言 2018年11月20日(火曜日)

【毒気と和気】
 たまたま人の家に行ったときに、
 玄関に入った途端に
 嫌な家だなと思うことがある。

 あれはその家族の毒気が
 漂っているに違いない。

 反対に入って非常に感じのいい家は
 和やかな家庭であるに相違ない。

 人間でもそうだ。

 嫌なことを考えたりしている人間には、
 どこか嫌気が差すものだ。

 これに反して非常に出来た人、
 練れた人には、
 どことなく和気が漂うている。

 それは実に正直なものです。