安岡正篤一日一言 2018年10月23日(火曜日)

【相と運と学】

 真理・学問というものは、
 その人の相とならねばならぬ
 ということであります。

 それが動いて行動になる、
 生活になる、社会生活になる。

 これを運と言う。

 そうしてこそはじめて
 本当の学であります。

 学はその人の相となり運となる。

 それが更にその人の学を深める。

 相と運と学とが無限に
 相待って発達する。

 つまり本当に自己を実現する。