安岡正篤一日一言 2018年10月21日(日曜日)

【世の倶楽部に思う ②】
 日本は今や至る処
 クラブばやりである。

 政治家・事業家・文筆家等は勿論、
 ゴルフからマージャンまで
 クラブを作っている。

 然しどれほどが果して本来の
 クラバブル clubable なものであろうか。

 むしろひどくアンクラバブル・クラブ
 が多いのではないか。

 もしよく多くの有力なクラブを真に
 クラバブルなものに出来たら、
 案外日本を振興するのに
 役立つのではないか。