安岡正篤一日一言 2018年10月10日(水曜日)

【目 耕】
 真剣に読書することを〝目耕〟という。

 晋の王韶之【しょうし】が若い時、
 貧乏もかまわず本ばかり読んでいる。

 家人が「こんなに貧乏なのだから
 少しは耕したらどうか」とそしると、
 彼曰く、「我常に目耕せるのみ」と。

 書斎などに掲げておきたい語だ。