安岡正篤一日一言 2018年07月29日(日曜日)

【ホルモン】

 現代人が自分の身体について
 最も気にかけているものの一つにホルモンがあります。
 人間の身体各部各種の無数の細胞の中には、
 個人と同様に、萎縮【いしゅく】するものや、
 増長するものがある。
 その増長するものを抑え、萎縮するものを保護して、
 全体の同一調和を司【つかさ】どるものが内分泌腺であり、
 その分泌物が即ちホルモンなのです。
 それは非常に強いエネルギーを以て活動する。
 これが衰えれば、人間は生活力が弱まり、
 各種の疾病を生ずる。
 つまり細胞も和を以て貴しとなすのであり、
 人体そのものが神秘な調和で生きておるものであります。