安岡正篤一日一言 2018年06月23日(土曜日)

【父と子 ②】

 子は父より注目されることを欲し、
 父の賛成を得ようとする。
 父が子に満足を感じている限りにおいて、
 子自身は自己に満足できるのである。
 これが父に対する子の自然的愛であって、
 その愛は子の感性的福祉の保護者に対してではなく、
 彼自らの価値又は無価値を反映する鏡に対するものである――。
 この厳格な事実を世の父母の多くが
 いかに気づかずにきたことでしょうか。