安岡正篤一日一言 2018年04月24日(火曜日)

【学者の罪】

 自ら熱く内に訟(うった)えず、
 天下の病苦を自ら疾(や)むに非(あら)ざる
 儒者の空虚(くうきょ)な思想学説などは、
 到底(とうてい)聖人の
 道統(どうとう)を継承するものではない。
 学問を生活から切離(きりはな)し、
 真理を現実と没交渉(ぼつこうしょう)にしたのは
 寧(むし)ろ学者の罪である。