安岡正篤一日一言 2018年04月06日(金曜日)

【正しい形而上学 ①】

 問題は結局われわれの直覚力に帰するので、
 やはり人間は精神を集中して
 全心全霊をなにものかに打込まなければ、
 精神も磨かれないし本当の力も発揮出来ない。
 世の中を救おうと思ったら、
 古(いにしえ)の名宰相のように
 寝ても醒めても国家のことを考え、
 民族のことを考えて、
 それに全心全霊を打込まなければ、
 本当の為政者たることは出来ないのであります。
 大衆を相手に駈(か)けずり廻(まわ)って
 演説をやっておるようなことでは、 
 この世界の危機に当って
 本当の立派な政治は出来ない。
 そのためにはどうしても
 哲学や信念を持たなければならないのであります。