安岡正篤一日一言 2018年03月28日(水曜日)

【すべては志】

 頭が悪いから勉強が出来ぬなどと考えることが間違いで、
 志が一度立てば、
 頭の悪いことぐらい問題ではないのであります。
 昔から立派な仕事を成し遂げた人で
 頭の悪い人が随分おります。
 なまじっか頭が良いと、
 却って安心して怠け者になったり、
 脱線したりする場合が多い。
 頭の悪い者が努力して、勉強して、
 たたき上げたというのは立派なものであります。
 書でも、書才というか器用な人の書は、
 筆先でごまかすために軽薄なものが多い。
 しかし才能のないものが
 一所懸命習いこんだ字というものは、
 何とも言いようのない味を持っております。