安岡正篤一日一言 2018年03月25日(日曜日)

【人生の夢魔を払う】

 死の覚悟は人生の夢魔を振るい落とすことである。
 生活からふざけた心を
 一掃(いっそう)し去ることである。
 そこにはじめて道心の芽が地上に成長する。
 理想が白熱の光を以て現実を照らす。
 かくて人は物欲の桎梏(しっこく)(束縛)を脱して、
 大いなる感激に活きることを得るのである。