安岡正篤一日一言 2018年03月03日(土曜日)

【移風易俗】

 風というのは、
 広汎(こうはん)な民衆の感情や意欲、
 或(ある)いは好悪の表れなので極めて大事なものである。
 古来(こらい)風を移し俗を易(か)えることが
 政治の要諦(ようてい)といわれてきた。
 『呻吟語(しんぎんご)』に
 「民風を変ずるは易く、士風を変ずるは難し。
 士風を変ずるは易く、仕風を変ずるは難し。仕風変ずれば天下治まる」
 とある。
 民衆の風を変えることは易いが、
 指導階級の風を変えることは難しい。
 指導階級の風を変えることは易いが、
 仕える風を変えることは難しい。
 仕える風が改まれば天下は治まるというのである。
 役人とか政治家が如何(いか)なる仕風を持つかであるが、
 自私自利を図るだけの戦後の気質を変えることは至難である。