安岡正篤一日一言 2018年01月29日(月曜日)

【教学半す】

 『書経』の「説命」に〝教学半(なかば)す〟と。
 我々は学んで初めてその足らざるを知り、
 教えて初めて到らざるを知る。
 そこで自ら反(かえ)り、強(つと)めるのだ。
 教えることは学ぶことであり、
 学ぶことによって教えることができる。
 〝教学半す〟る所以(ゆえん)である。