安岡正篤一日一言 2018年01月14日(日曜日)

【節を生きる】

 我々の生活も或る意味において「節」の連続といっていい。
 我々の道義は、そういう点から言うならば「節義」だ。
 そうして節には、小節もあれば、大節もある。
 あるが、とにかく我々の生活は道義であり、節義である。
 節の連続だ。
 節を如何に完うするかということが
 我々の道義、我々の精神生活、人格生活において一番大事なものだ。