安岡正篤一日一言 2018年01月06日(土曜日)

【年の始めの歌語り】

良寛和尚
「わびぬれど 我が庵なれば かへるなり
 心やすきを 思出にして」
 わが庵をわが国としてもよい。
 祖国としてもよい。
 この頃資本の外国逃避を企てたり、
 ハワイあたりに家を持つ人があるときくが、
 今の日本は確かにわびしいことが多いけれども、
 やっぱり我国を逃げるのは誠ではない。

尾山 篤二郎
「事しあらば 火にも水にも 入りぬべし
 明日はな思ひそ 後は後のこと」