安岡正篤一日一言 2017年11月30日(木曜日)

【誠の人】

 ゲーテの畏友M・フォン・クリンゲルは、
 誠の人は彼の義務が要請する
 時と場合に於てのみ、
 世間の舞台に表れねばならぬが、

 その他では一個の隠者として
 彼の家族の中に、
 僅かな友人と共に、
 又彼の書籍の間に、
 精神の風土に生活しなければならぬ
 と云っている。

 深く首肯される境地である。