安岡正篤一日一言 2017年11月18日(土曜日)

【家 族】

 もし家族がなかったら、
 人間は広大な宇宙のなかで
 ふるえて居なければならぬ。

 種々の理由から、
 家族生活の強みが
 減少した国々では、

 人々は大衆に接近して、
 大衆と共に考えたい要求を感ずる。

 彼等はこの親しい、温かい、
 小さなグループを失ったことを償うために、
 彼等の愛情や生活を多数の人々に
 固く結びつけなければならない。

 彼等は原始的な
 共同団体のもつ粘着力を
 再び発見しようと試みる。

 だがそれは大民族になるほど常に
 作為的であることを免れず、
 危険も亦大きいのである。