安岡正篤一日一言 2017年11月17日(金曜日)

【女子教育】

 昔から言うところの胎教というものが
 如何に大事であるか、
 今更ながら痛感するのであります。

 その意味から考えても、
 胎児をつくるものは
 婦人でありますから、
 妻となり、
 母となるべき女子教育が
 特に考慮されなければならない。

 男子と同等に軽々しく
 教育さるべきものでは
 決してないのであります。