安岡正篤一日一言 2017年11月11日(土曜日)

【人と滓】
 人は成長するに従って、
 肉体的にも新陳代謝の
 機能を活発にして、

 疲労物質を滌除【てきじょ】し、
 血液を純浄にせねば、健康を害し、
 ついには夭死【わかじに】するように、

 人格的にも早年から中年に進んで、
 家庭生活社会生活等の
 経験を積んでくるほど、
 滓【かす】が溜まる。

 修養してこれを滌除せねば、
 人格的に病人、
 あるいは亡者である
 俗物小人となってしまう。