安岡正篤一日一言 2017年09月19日(火曜日)

【青年と老人】

 日本今日の混乱頽廃【たいはい】は、
 青年人材の不振と同時に、先輩老年の不徳に因【よ】る。
 外国かぶれの多くはむやみに革命を主張し、
 歴史伝統を重んずる我々は常に維新を期するが、
 その維新・革命のいずれも青年に限る、
 先輩老人は有害無用とする者が多い。
 これは大きな誤りであり、
 出来ない相談であり、
 要するに青年の昂奮か、
 煽動屋の阿諛【あゆ】にすぎない。
 いかにも維新・革命の尖鋒【せんぽう】は
 多く青年でなければならないが、
 青年をして自由協力にその使命を遂行することが
 出来るようにする為には、
 必ず先輩老人の無私にして賢明大胆な助力を要する。