安岡正篤一日一言 2017年07月22日(土曜日)

【あるべき教育制度】

 なるほど大学を出た者は頭もよく才気もありますが、
人間の本質的な修業をしていない秀才という人々が
沢山卒業しまして、そういう人々が指導者となって、
近代の組織を動かしましたからその支配制度は、
諸事にわたってまことにスマートで器用でありますが、
人間として最も大切なことをとり残しております。
これは日本の深刻な教育の失敗であります。
従って今後の日本は、何とかして昔から厳しく言われました
人間としての心がけ、躾のできた人間をつくって
その根底の上に知識・技能を磨く教育制度に
しなければならないと思います。