安岡正篤一日一言 2017年07月18日(火曜日)

【境遇が人格をつくる】

 物心【ぶっしん】は相待【あいま】って自己を完成する。
人格も亦【また】、境遇と相作用【あいさよう】して
進歩するものである。
随【したが】って困難な境遇は常に人格の試練を意味し、
又【また】能【よ】く人格の価値を表明する。