安岡正篤一日一言 2017年06月15日(木曜日)

【安重深沈 ②】

 なぜなら、物事というものは、
 すべて人と人とが決めるものだからです。
 我々もそういう、人を安心させ得る人物になりたいものです。
 その根本には信頼が必要です。
 「天下の大難を定(さだ)むる者(もの)は此人(このひと)なり」、
 安重深沈の人物であってこそ、
 初めて天下の大難を定め治めることができるということです。
 剛明は剛毅明晰(ごうきめいせき)ということで、
 剛明果断の人も大変素晴らしいことであるが、
 安重深沈の次であるといっております。