安岡正篤一日一言 2017年05月29日(月曜日)

【一燈照隅行】

 日本人の言う、中立・中道・平和・民主、
 これはことごとく的を外しておる。
 ことごとく大事なところを取り違えておる。
 これを一つはっきりさせる思想・学問が必要であります。
 このままいくと、不養生の限りを尽しておる肉体と同じで、
 必ず混乱に陥る。不祥事が起こります。
 これをいったいどうすればいいか。
 結局、正しい思想・正しい学問を興すことである。
 そして、それぞれがただ議論をしておるだけでなく、
 いわゆる一灯照隅行(いっとうしょうぐうぎょう)で、
 一人ひとりがわが立つ一隅をそれぞれ照らしていく。
 そうすれば一灯が千灯、万灯になるので、
 それをやるよりほかに日本は救いようがない。