舩井幸雄からあなたへ贈る言葉たち 2018年09月22日(土曜日)

いま自分の目の前にある困難や、自分に与えられた仕事は、対処しなければならないことなのです。困難がどういうものであるかということよりも、その困難をどう克服し、切り抜けるかということが大事なのだと思います。

安岡正篤一日一言 2018年09月22日(土曜日)

【節を全うする】
 古来節を全うす――全節ということ、
 特に晩節を大切にすることを重んずるのは
 尤もなことである。

 仕事も出来、地位も上るにしたがって、
 人間は益々欲も出れば、誇りも生じ、

 執着も強くなって、その反対に後進を軽視し、
 不満が多くなり、

 又先輩を凌ぐ態度や行動も出がちである。
 これが叛逆にも通ずる。あさましいことである。

松下幸之助翁のお話 9月22日 平和のための前提条件

平和が大切だということは、何千年も前から繰り返し唱えられているにもかかわらず、その一方では戦争をしている。はなはだしきは、平和のための闘争とか戦争といったことが口にされ、行なわれているというのが、過去、現在における人間の姿だと言えましょう。

それでは、そのような状態を脱却し、平和を実現する前提として、何が必要かというと、人間としての意識革命ではないかと思います。つまり、真の平和というものをはっきり見きわめ、心からそれを切望するというような一人ひとりの意識革命が、一国の政治の上にも教育の上にも醸成されていくならば、求めずして平和は生まれてくると思います。

舩井幸雄からあなたへ贈る言葉たち 2018年09月21日(金曜日)

いま目の前に現れた困難は、嫌だな、と思っても、本来は自分が求めていたことなのです。その困難から逃げてしまうと、必ず、また同じ困難がやってきます。

安岡正篤一日一言 2018年09月21日(金曜日)

【日本を救うのは誰か ②】
 今日山口の人々も殆【ほとん】ど
 忘れ去っているようであるが、

 たとえば長藩維新回天の事業の基礎は
 斯【こ】の人に在りといわれた
 村田清風の前後五十余年に亘【わた】る善政と、

 若き人材の養成や、

 絶えず思想・政策の研究で同志を結集し指導した
 周布政之助【すふまさのすけ】等の影響力は実に偉大である。

 有為【ゆうい】な青年と同時に有徳の先輩、
 これが日本を救うのである。

 無頼【ぶらい】の青年と怠慢の先輩、
 是れ日本の禍【わざわい】でなくして何か。

商品カタログ 商品購入ページにジャンプします。

おいしいだし
¥1,944より 2
カリカ浴
¥3,240より 2
ちょうさわやか
¥5,900より 2
MCM粉末50g
¥9,720 2