舩井幸雄からあなたへ贈る言葉たち 令和2年2月5日

「ピンチのあとにはチャンスあり」といいますが、いまの状況をありのまま受け止めて、さらにそれをバネにし、「この機会を活かしてもっといいビジネスをしよう」と考えれば、状況はいい方向に転じていきます。

松下幸之助翁のお話 2月 5日 喜ばれる仕事

仕事というものは、人びとに喜びを与え、世の向上、発展を約束するものだと考えれば、勇気凛々として進めることができると思います。

たとえば、麻雀の道具をつくっている会社の人が、麻雀をするのはよくないことだ、と思っていたら、その会社の経営はうまくいかないでしょう。昼のあいだ一生懸命働いている人にとって、晩にする1時間の麻雀は気分転換になり、喜びになるだろう、その喜びのためにわれわれは麻雀の道具をつくって売っているのだと思ってこそ、堂々とその仕事をやっていけるわけです。そしてその上に、一人ひとりが喜びをもって仕事を進めていけば、会社は自然に成功するはずだと思います。

舩井幸雄からあなたへ贈る言葉たち 令和2年2月4日

アドバイスを聞き流すか、これはよさそうだと思って素直に実行してみるかによって、その人の世界は変わります。「よさそうだけど、できるかできないか、よく考えないと……」などと足踏みしているのは、何も考えていないのと同じです。

松下幸之助翁のお話 2月 4日 企業は社会の公器

一般に、企業の目的は利益の追求にあると言われる。たしかに利益は健全な事業経営を行なう上で欠かすことができない。しかし、それ自体が究極の目的かというと、そうではない。根本はその事業を通じて共同生活の向上をはかることであって、その根本の使命を遂行していく上で利益が大切になってくるのである。

そういう意味で、事業経営は本質的には私の事ではなく、公事であり、企業は社会の公器なのである。だから、たとえ個人の企業であろうと、私の立場で考えるのでなく、常に共同生活にプラスになるかマイナスになるかという観点からものを考え、判断しなければならないと思うのである。

舩井幸雄からあなたへ贈る言葉たち 令和2年2月3日

つきあう人の何を長所と思い、どういう気持ちで褒めて、誠を尽くすかも自分の意思です。よいこと、悪いことを判断するのも自分の思いひとつですし、プラス発想にいたっては、他人が何と言おうと、自分がやろうとしなければ絶対にできないことです。

商品カタログ 商品購入ページにジャンプします。

おいしいだし
¥1,944より 2
カリカ浴
¥3,300より 2
ちょうさわやか
¥5,900より 2
MCM粉末50g
¥9,720 2